代表 ダベデ マルセルよりご挨拶
 私は西アフリカのベナン共和国出身でベナンで大学卒業した後、2013年に来日しました。京都大学大学院ではエネルギー変換科学専攻で研究、2020オリ・パラリンピックのテロ対策のため不審物検知装置の開発にあたりました。
 今は電気エンジニアとして勤務し、資格取得しました。サッカーは子供の頃から大好きで、今も週末は社会人サークルでサッカー、フットサルをしています。FC Ganbareはベナンにいるときに立ち上げた団体(Association)です。大学時代に国際青年会議所(JCI)に参加し社会貢献を学んだことが生かされていると思います。
 ビジョンとしては、電気、水、教育、健康増進の分野で社会貢献する活動を目指していますが、現時点ではサッカーが大好きなこともあり、メインの活動としてはサッカーです。ただ、チーム強化だけでなく、活動することで教育につながることを願っています。 
 この活動はベナン共和国に限らず、西アフリカのマリ、ブルキナファソ、トーゴ、、、将来的にはアフリカ全土に拡大できたらと願っています。   

 
P6090102.JPG

活動紹介

サッカー&フットサル

教育・健康

再生可能エネルギー

国際交流

過去のイベント

P9219416.jpg

選抜サッカー大会

P9229507.jpg

障がい者施設訪問

AF322180-2385-42FD-849E-64D038C50926.png

ベナンのサッカーイベントで優勝

IMG_0027.JPG

再生可能エネルギー